海外で活躍をしている日本人スポーツ選手

海外で活躍する日本人スポーツ選手 田中将大

野球

グローバル時代の現代は一つの国にとどまらず、より高いレベルでの活躍を目指して海外に移籍する選手も増えてきました。

田中将大もその一人であり、日本人スポーツ選手として大成功をおさめています。

高卒ルーキーとしていきなり二桁勝利の成績を上げた田中将大選手はその後も活躍を続け、2013年にはなんとシーズン負け無しの24連勝という記録を残しました。

実力だけでは到底残すことができ無いこの偉大な大記録に、田中将大選手のスター性をうかがい知ることができますが、その記録を引っさげ同年MLBに挑戦をすることになりました。

高卒一年目から活躍を続けていた選手だけに、MLBでも一年目から活躍を期待される中13勝5敗防御率2.77と日本時代のように圧倒的な成績とまでは行かずとも、世界のトップリーグでもエース級の活躍をしたのです。

その後も毎年のように二桁勝利をあげ、世界でも通用する日本人スポーツ選手としては名声を轟かせています。

年齢もまだまだ若くさらなる躍進を期待されているだけに、現状の成績というのはあくまでも途中経過に過ぎず、ここからさらに偉大な大記録を残していくのではと思わせてくれるのが、田中将大選手と言えるでしょう。

【おすすめページ】日本のスポーツに賭けよう!ブックメーカーD X

海外で活躍する日本人野球選手の頂点 イチロー

野球

近年は海外で活躍する日本人スポーツ選手も珍しくなくなりましたが、その中でもトップクラスの成績を残した人物といえばイチローがあげられます。

日本にいた頃も超一流の成績を残し、毎年首位打者は当確で次点に誰が来るのかというレベルでした。

そのイチロー選手がMLBに挑戦をした時には日本人から大きな期待が寄せられると同時に、パワー不足を指摘され世界最高峰のリーグでは活躍しないのではという疑問の声もありました。

活躍をするにしても日本時代とは同じようにはいかず、レギュラーが取れれば大成功という見向きもありましたが蓋を開けてみれば一年目にして首位打者と盗塁王のタイトルを獲得し、世界の頂点でも通用するということを世界に見せつけました。

2004年にはMLBのシーズン最多安打記録である262本の安打を放ち、二度目の首位打者のタイトルも獲得しました。

その後はタイトルにこそ恵まれませんでしたが、安定して三割を打ち続けイチローは日本だけでなく世界の歴史に名を刻んだスポーツ選手となったのです。

近年こそ年齢による衰えもあり全盛期の活躍を見せることができなくなってしまいましたが、同年代が次々引退していく中未だに存在感を示しているのはさすがイチローと言えるでしょう。

野球

体格で劣る日本人選手が世界で活躍するためには

サッカー競り合い

近年、野球やサッカーなどのメジャースポーツの他にも、オリンピックなどで日本人選手がメダルを獲得したりと、世界で活躍する日本人選手が増えており、テレビなどでその活躍ぶりを見ると、同じ日本人として誇らしく感じます。しかし他の外国人選手に比べ、身長や手足の長さなど体格で劣る日本人選手は、技術向上の他にも、さらなる努力が必要になります。

まずは「体幹トレーニング」が重要です。サッカーやバスケットボールなど、実際に相手とぶつかる競技において、負けない体づくりをする、いわゆるフィジカルを強くするために、体の中から体全体を支える「体幹トレーニング」が効果的です。

野球フルスイング

また、長時間の運動でバテてしまう理由は、運動を続けていくうちに筋肉のエネルギーが枯渇してしまい、エネルギーのほとんどが糖質から供給されるようになり、血液中に乳酸が増えてしまうからです。そうなると、持久力が低下すると言われています。体格が劣る日本人選手にとって、最初のインパクトより持久力がキーポイントになる競技もあります。そこで筋肉のエネルギー源を枯渇させないために、上手にサプリメントを使う方法があります。体に必要な栄養素を摂っておくと、エネルギーが生産されやすくなります。エネルギー源を効率よく回していけば、疲れににくくなるのです。そこでおすすめなのが持久系アミノ酸といわれる「BCAA」です。「BCAA]は、運動前に摂取することで、筋肉中のエネルギー源として利用でき、糖質を使わずにエネルギー生産ができるので、乳酸値の上昇を遅らせることができます。これが運動パフォーマンスのキープにつながります。

このような要素を上手く取り入れて、体格で劣る日本人選手が、これからも世界で活躍できるように応援したいものです。